深川七福神公式ホームページへようこそ

福徳…延命長寿
安置…深川神明宮

寿老神は、寿老人とも書き、中国道教の神であります。また中国の老子の化身の神ともいわれています。
寿老神は、白髪長寿の老人の姿をして、杖を手にし、杖には人命の長寿を記した巻物を吊し、鹿を伴っています。鹿は、長寿を司る寿老神の神使とされています。寿老神は、人に延命長寿の福徳を授ける福神として、信仰されてきました。


 

寿老神は、深川神明宮の境内の寿老神社に安置されています。
深川神明宮は、深川において創立の最も古い神社であります。大阪摂津の深川八郎右衛門が、この付近に、深川村を開拓し、その鎮守の宮として、慶長元年(一五九六年)伊勢皇大神宮の御分霊をまつって創建しました。

徳川家康が、この村に来て、村名を尋ねたがないので、深川八郎右衛門の姓をとって、深川村と命名せよといわれた由以来深川村が発展し、深川地区の各町に冠せられたりし、深川の地名のもとになりました。


 

東京都江東区森下1丁目3番17号
都営地下鉄新宿線・大江戸線森下駅A7出口
都バス 森下または高橋
電話:03-3631-5548
ホームページ http://www.fukagawa-shinmei.com/index.html
深川神明宮付近の旧跡はこちら


 

 

 
トップページ